top of page

ジュリアン・サルメント

更新日:2021年6月25日

2019年11月16日ー24日



CCA Books は、ジュリアン・サルメントを特集します。


CCA Booksは、現代アートを専門とする書店/出版社として、2019年7月、兵庫県たつの市下川原にオープンし、同時にオンラインでの販売を開始しました。


アートの本としてよく知られているのは、展覧会カタログやアーティストの図録といった、開催された展覧会を文章や写真でまとめたものや、特定のアーティストや題材についての研究書です。


現代アートの場合、多くのアーティストにとって「本」は重要な媒体の一つでもあります。作品として制作される本は「アーティスト・ブック」と呼ばれ、その他にも、新聞や雑誌といった形式を用いたアート作品があります。これらの

作品は、「美術品」に関する考え方を大きく広げる牽引力となった60〜70年代のムーブメント、「コンセプチュアル・アート」のアーティストたちにより、さかんに制作されるようになりました。美術館やギャラリーといった既存のシステムの外で作品を発表できると同時に、ギャラリーやホワイトキューブといった特定の場所に縛られない携帯性を持ち、より多くの人に安価に作品を届けることができるからです。


そして今、「本」は従来の紙としての「モノ」にとどまらず、電子書籍やオーディオブックなど、様々な形をとるようになりました。同時に、昨今は閉店する書店も多く、その流通形式も議論されることが増え、本を取り巻く環境も大きく変化しています。


CCA Booksは、たつの市下川原に残る、古い長屋の一角を改装したスペースです。周囲にも江戸時代から昭和初期までに建てられた白壁や町家造りが多く残り、昨年、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。西播磨の城下町の歴史が香る町から、CCA Booksは、本にまつわる新しい考え方や環境の変化、そして従来のおもしろさを、アートの視点から考え、国内外に発信し、また交流する場を目指していきます。


たつの市のスペースでは、アートやアートに関連する出版物の展示を年に数回行っていきます。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page