top of page

ビエンナーレのカタログ展

2022年9月9日(金)ー18日(日) 午後1時ー4時


CCA Books では、ビエンナーレを特集した展示を、9月9日から18日まで行います。


ビエンナーレ、トリエンナーレと呼ばれる大規模な国際美術展は、90年代頃より増え始め、今や何百というビエンナーレタイプの展覧会が世界中で開かれています。

以前は、1895年にスタートしたベネチアビエンナーレ、1951年にスタートした

サン・パウロ・ビエンナーレ、1955年にスタートしたドクメンタなど、欧米を中心に

数カ所で開かれるだけで、その規模も今ほど大きいものではありませんでした。


60年代頃より、ベネチア・ビエンナーレやドクメンタなどは、

最先端のアートが展示される場所として認識されるようになりました。

「世界」のアートの動きが見て取れる場所の一つとして

考えられていたところもあったのです。確かに、ヨーロッパ中心で動いていた

ベネチア・ビエンナーレで、アメリカのアーティストが脚光を浴びたのも60年代であり、また、ニューヨークを中心としたムーブメントが注目を浴びていた時に

ヨーロッパでも着実に新しい動きが生まれていたことを

キーファーやバゼリッツらのアーティストを紹介することで

世界に発信したのはドクメンタでした。(documenta 7, 1982, Rudi Fuchs)

それから数十年、世界の状況は大きく変わり

大規模展覧会にも、様々な変化が起こりました。

開催の意義や内容の再定義を再考する機会も多くなりました。


今回CCA Booksでは、主に60年代から80年代のビエンナーレのカタログを

取り上げます。新しい考えが示され、情報交換の場としてビエンナーレが機能していた

時代です。インターネット時代前のカタログは、より多くの地域や人々に情報や

展覧会の空気を伝える、数少ない手段でもありました。当時としてはかなり工夫を

凝らした装丁のカタログや、豪華本が当たり前ではなかった時に、数巻にわたり

出版されたものもあります。ぜひ実際に手にとってご覧ください。

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

CCA Books holidays Dec 10 - Jan 10

Thank you for visiting CCA Books online shop. CCA Books is closed from December 10th, 2021 to January 10th, 2022 Hope you have a wonderful holiday season. CCA Books

Comments


bottom of page