top of page

ヨナ・フリードマン

2021年2月19日ー28日

CA Booksは、 2021年2月19日から28日まで、ヨナ・フリードマンを特集した展示を行います。


ヨナ・フリードマン(1923-2019)は、

パリを拠点に活動したハンガリー出身の建築家です。居住者の必要性に順応する住環境を提唱した 「可動建築」、そこから発展させ、 人口の増加、 住宅不足、 貧困や環境への懸念などの切迫した問題を考察した 「空中都市」などの理論で知られ、 日本の 「メタボリズム」 をはじめ、様々な建築理論やアートの概念に大きな影響を与えました。


CCAではこれまでに、 2冊のフリー ドマンのアーティストブックを制作しています。ドロ ーイングと文章で形而上学、 実存主義の理論を考察する 「だまし絵の万物」(2002)と、都市と建築と人間の関係性やその可能性についてのドロ ーイングとモンタージュのコレクション「都市」(2005)です。




今回のCCABooksの展示では、「可動建築」、「空中都市」 といったフリー ドマンの理論を、

「だまし絵の万物」 と 「都市」 に加え、CCAで行った展覧会やワークショップの記録などをもとに たどっていきます。

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ビエンナーレのカタログ展

2022年9月9日(金)ー18日(日) 午後1時ー4時 CCA Books では、ビエンナーレを特集した展示を、9月9日から18日まで行います。 ビエンナーレ、トリエンナーレと呼ばれる大規模な国際美術展は、90年代頃より増え始め、今や何百というビエンナーレタイプの展覧会が世界中で開かれています。 以前は、1895年にスタートしたベネチアビエンナーレ、1951年にスタートした サン・パウロ・ビエンナ

Comments


bottom of page